FEATURE

COLUMN

EVENT

Language
EN
中文
ภาษาไทย

FEATURE

イチ押しスポット

2019.10.10 300PV

ノリタケの森

やあ、またお会いできましたね!

先日、休暇をとりました。

その日はとっても良く晴れて、気持ちのよいお天気だったので、散歩をすることに決めました。

気候がとてもさわやかだったので、「ノリタケの森(ノリタケガーデン)」をぶらぶらしてみました。

 

名古屋駅から15分歩いただけで、都会の真ん中に小さな緑のオアシスがあらわれます。

もしかすると、「ノリタケ」という名前を聞いたことがあるかもしれません。

100年以上の伝統を持つ日本の陶磁器会社の最大手、ノリタケカンパニーリミテッドについてお話します。

ノリタケの森は、ノリタケカンパニーリミテッドの創業100周年を記念して、2001105日にオープンしました。

ノリタケは、世界中に陶磁器を輸出している会社として、とても有名です。

ノリタケの森は、素晴らしい場所です。私は、素敵な天候を楽しみながら、まず公園のまわりを散歩しました。

この美しい青空を見てください!

左側の壁は、初期の工場建設の基礎として使用されたレンガの塊で作られており、「窯壁(kiln wall)」と呼ばれています。

壁に沿って並んでいる小さい白い円は陶磁器製のお皿で、ノリタケの森を支援してくれた人々の名前が印されています。

壁のそばのオープンスペースは、かつてそこにあった6本の煙突にちなんで名付けられた、正式名称「煙突ひろば」として知られています!

この高さ8メートルの煙突は、1933年の工場改装の際に建てられました。磁器を焼くときに出る煙を排出するための坑道の痕跡でもあります。

煙突の下に見える橋の下には、窯から煙を排出する送気管があります。

 

こちらも、煙突ひろばで注目に値する小さな芸術作品です。

広場に展示されている金属製の柱に、子どもたちの絵をもとに再現された小さなアート作品があります。

本当にかわいいデザインのものがいくつかありますよ!

この小さい古い窯は、ひろばのいちばん端っこ、ビオトープの横にあります。

ビオトープが何であるかについてよくわからないという人のために説明すると、動植物が共生する自然環境を復元した場所のことです。

ノリタケの森には、樹木に囲まれ、魚や昆虫が暮らす小さい湖があります。

こんな小さな子を花の中で見つけました。

写真でもわかるように、天気が変わり始めました。

雨が降るのを知らせるように、曇ってきました。

幸運にも、ノリタケの森には公園以外にも美しい場所がありました。

私は煙突の方に戻り、赤レンガでできた建物に向かいました。

これらの建物は、ノリタケの古い工場で、1904年に建設され1975年まで稼動しました。

このあたりを散策すると、美しい建物がゆったりとした雰囲気を作り出しています。

せせらぎのそばを歩いてみてください、レッドウッドの木陰でその雰囲気を楽しめることでしょう。

そしてそこには、「カフェダイヤモンドデイズ」、「レストランキルン」、「ノリタケの森ギャラリー」と「ライフスタイルショップ ノリタケスクエア名古屋」があります。

「カフェダイアモンドデイズ」では、選べるランチセットや、手頃な価格でお茶やコーヒーが楽しめます。

ほっと一息つくには最適な場所です。

「レストランキルン」はフランス料理のお店で、ランチとディナーのコースがあります。

この会場は、イベント、パーティー、結婚式などで借りることもできます!

「ノリタケの森ギャラリー」では、市民がアートの楽しみや発見を身近に感じることができます。そして、ライフスタイルショップでは、幅広い種類の美しいノリタケ食器が販売されています!

せせらぎの道筋の反対側には、オープンスペースがもう一つあります。

噴水ひろばです。

ここに着いた時にどんよりし始めて、この写真を撮った直後に、残念なことに雨が降り始めました!

だけどOK。その日は、次に紹介する「クラフトセンター」と「ノリタケミュージアム」が最後だったから!

クラフトセンターの1階では、陶器の製造工程の説明や、陶器、石器、ボーンチャイナなど、さまざまな種類の陶器が陳列されています。

1階を探索するのを楽しんでいる間、本当に私が楽しみにしていたのは2階でした。なぜなら2階では絵付けのワークショップが体験できるからです!やったー!

まず最初に、マグカップ、お皿、その他の磁器製品からどれに絵付けをするか選びました。

私はマグカップを選んで、絵を描きました!

絵付けは、私が思ったよりも少し慎重さが必要でしたが、スタッフはとても親切で、磁器への塗料の塗り方を実例を見せながら教えてくれました。

これが私のデザインです!

どうでしょうか?

ちょっと調子に乗りすぎちゃいました。えへへ。

クラフトセンターで焼き上げる必要があるので、すぐにはこれを自宅に持ち帰ることはできませんでした。

1〜2週間後には完成することでしょう。

旅行中、そんなに長く名古屋にいないとしても心配いりません。海外にも郵送してくれますから!

ノリタケの森の営業時間は、通常午前10時から午後6時までです。

さらに詳しい情報は、全てが英語で書かれているノリタケのホームページに!ノリタケの森に行こうと思った時、知りたいことが全部載ってます!

https://www.noritake.co.jp/eng/mori/info/

今日はここまで。

読んでくれてありがとう。また次回!

ノリタケの森
イチ押しスポット
イチオシスポット

東海エリアのイチ押しのスポットを紹介