FIND!東海の魅力発見

EVENTイベント

Language
EN
中文
ภาษาไทย

FIND!

街の魅力発見

2022.03.16 52PV

豊川稲荷を観光した後は?おすすめな豊川市観光ルート!! ~~愛知県全市町村図鑑 豊川市編!!~~

どうもこんにちは、ツバメ丸です。

今回は豊川稲荷を観光した後に寄りたい場所をご紹介します!

 

豊川稲荷観光

まずは豊川稲荷について。

豊川稲荷は日本三大稲荷のひとつです。

商売繁盛のご利益で全国的に知られる「豊川稲荷」には、現在も年間およそ五百万人もの参拝客が訪れます。

織田信長・豊臣秀吉・徳川家康にも信仰されていたそう。

本殿はこちら。

リアルで見ると、迫力に驚愕します。

 

そして、霊狐塚の狐像も見どころです。

それがこちら。

狐像は信者から献納されたものが1000点以上あるそう。

一生分の狐を豊川稲荷で見ることができます。

ちなみに若者はここでインスタグラム用の写真や動画を撮ります。(ツバメ丸調べ)

 

以上が簡単な豊川稲荷の情報でした。

 

豊川稲荷表参道でお昼ご飯

豊川稲荷を見終えた後は、すぐ近くの豊川稲荷表参道でお昼ご飯を食べましょう!

キーワードは「あぶら揚げ」「いなり」「うなぎ」です!

 

詳しくはこちらの記事をどうぞ。↓↓

「【豊川稲荷表参道でお昼ご飯を食べるなら?おすすめ飲食店2選! #あぶら揚げ #いなり #うなぎ」 

CLICK

 

あぶら揚げ・いなり(松屋)

 

うなぎ(なかよし)

 

カフェ

お昼ご飯をたべて、まったりしてきました。

そんなときはカフェに行くのもいいですよ。

 

さんぽ道

もし、車でお越しの場合は、さんぽ道さんに行くのがおすすめです。

外観がこちら!

この外観だけで、行く価値がありますよね!

さんぽ道さんは、豊川稲荷から車で16分ほど。

東名高速豊川インターからは10分ほどで行くことができます。

店内はこんな感じ。

(売り場)

 

さんぽ道さんははちみつ専門店です。

“自然にやさしい、そして体にやさしいもの”をテーマに、色々な美味しいFoodがずらり。

店内のカフェとテイクアウトの両方ではちみつFoodが食べられます!

が、店内は大変人気なので、店内のカフェで食べる際は予約をするのが無難です。

美味しそうなFood集です↓

(豊川千両さつま芋パイ)

(はちみつコーヒー)

 

豊川千両さつま芋パイは、さつま芋が濃厚で、パイ生地はサクサクとしていました。

上品な甘さで後を引くおいしさでした。

贈り物としてもいいなって思います。

 

はちみつコーヒーはやさしい甘さでした。

ミルクとはちみつがとても相性が良くて、美味でした。

とっても満足できます。

 

P.S.

某テーマパークのバタービールをふと思い出しました。

是非行ってみてくださいね!

 

日本一のさざれ石

さざれ石という言葉を聞いたことがある人は、行ってみてください!

豊川市の砥鹿神社には、日本一大きいさざれ石があります。

それがこちら!

大きいですね!

このさざれ石には触ることができます!

説明文も載せておきますね↓

さざれ石の前に立って、心の中で国家斉唱してみてください。

国家の歌詞の意味が染み入りますよ。

砥鹿神社は全年齢の方におすすめできます。

 

温泉

豊川観光の〆は温泉に行きましょう。

豊川市の温泉は、本宮の湯がおすすめです!

 

本宮の湯

本宮の湯は少し標高が高いところに位置しています。

本宮の湯は車で、豊川稲荷からは18分、さんぽ道からは7分、砥鹿神社からは12分の距離にあります。

温泉のクオリティが高く、館内もきれいでした。

個人的に好きな温泉です。

筆者は12/26に本宮の湯に行ったのですが、この日は激アツの日でした。

入浴+お食事+ドリンクで1500円というお得すぎる日だったので、ここでお料理を食べました。

1Fにある、お食事処「うまの背」さんでお料理を食べました。

 

ちなみにどうぶつの名前が入った飲食店についての記事はこちら。↓↓↓

「名古屋市周辺!どうぶつの名前がついた飲食店 4選」 

CLICK

温泉の食堂でよく見かけるパネルですね。

さて、私の手元にはこの券がありました。

私はカキフライ定食とノンアルコールビールを、Getしました。

カキフライ定食はこちらです!

これは旨かった。

カキをシャオッっといくと、旨味成分がジュワッっと広がります。

カキに本格的という表現をしていいか分かりませんが、それでした。

絶品。

そして、キンキンに冷えたビールが喉元を冷やしていく。

圧倒的喉越し。

風呂で気持ちよくなった心身をさらなる境地へ。

アサヒ。

いつの間にか夜ですね!

 

おわりに

これが豊川稲荷観光の黄金ルートです!

最後まで読んでいただいたあなた、本当にありがとうございます。

豊川市があなたを待っている!

いざ行こう!豊川市へ!

 

店舗情報

店舗名:さんぽ道

住所:〒441-1222 愛知県豊川市豊津町釜ノ口64−1

電話番号:0533-93-7422

HP: http://www.sanpomichi.co.jp/

営業時間:9:30~17:30 (火曜定休)

 

店舗名:本宮の湯

住所:〒441-1202 愛知県豊川市上長山町本宮下1番地1685

電話番号:0533-92-1880

営業時間:10:00~21:00 (水曜定休)

 

この記事を書いた人

ツバメ丸

ツバメ丸

名古屋大学3年生

「名大生ラッパー」。
趣味はラップバトル、そして曲作りです。
あとは、読書とかカフェ巡りとかが好きです。
愛知県の全市町村に行ってみたいと模索中
「やっぱり東海が一番!」と言わせたい!