FIND!東海の魅力発見

EVENTイベント

Language
EN
中文
ภาษาไทย

FIND!

その他

2022.02.12 183PV

【自作PC】パソコンといえば名古屋!大須で自作パソコンを作ろう

みなさんこんにちは、南山大2年のボスカルです!

学生の皆さんはそろそろ春休みですね! 

……といっても、コロナの影響で今年も遊べない春休みになりそうです。

 

そうなったら、やっぱりゲームでしょ!!

せっかくの春休み、パソコンで思いっきりゲームしませんか?

そして、せっかくの春休み。時間があるなら、自分でパソコンを作ってみませんか?

 

名古屋の大須には、パソコンを自作するためのパーツが沢山売っています!

そこで今回は、大須でパソコンパーツを買って、実際にパソコンを作りました!

 

・自作パソコンってどうやって作るの?

・どんなパーツを使えばいいの?

・安くパソコンが欲しい……

 

などなど、この記事を読めばカンペキ!

作ろう、自分だけの自作パソコン!!!

 

サルでもわかる!自作パソコンの作り方

それでは、早速自作パソコンの作り方をご紹介します!

今回使用したパーツは、どれも「名古屋のパソコン街」大須にある

・ドスパラ名古屋・大須店

・パソコン工房 グッドウィル名古屋大須店

・TSUKUMO デジタル・モバイル館

さんで購入できます!

 

↓これらの店舗の詳しい情報はこちら!↓

「【#ゲーミング】大須パソコンショップ三銃士!PCはここで買え!!」 

CLICK

 

ステップ1:必要なパーツを揃えよう

まずは、上で紹介したパソコンショップで、以下のパーツを揃えましょう!

 

[かならずいるもの]

・CPU

・メモリ

・ストレージ

・マザーボード

・ケース

・電源

 

[ゲームをするなら必要!]

・グラフィックボード

 

順番にこれらのパーツについて説明していきます!

 

・CPU

これは人間でいうところの頭脳に当たる部分です。

よりよいパーツを使えば使うほど、パソコン全体の処理速度が速くなります!

ゲームをするならIntel社(以下Intel)のCore i5やAMD社(以下AMD)のRyzen5がおすすめ!

動画編集やゲーム配信をするならIntelのCore i7やAMDのRyzen7を選ぶとといいです(^o^)

ちなみに、CPUと一緒にCPUグリスとCPUファンを買うのも忘れないようにしましょう

・メモリ

これは、CPUが処理を実行するためのデータを一時的に保存する場所です。

ゲームをするなら16GBは絶対に用意しましょう。

・ストレージ

これは、パソコン内のデータを保存するものです。

これには主に、値段が高い代わりに動作の速いSSDと、値段は安いが動作の遅いHDDの2つがあります。

しかし、今はSSDの値段もかなり落ちてきているので、できるだけSSDを選びましょう!

・マザーボード

これは、CPUやメモリなどのパーツを組み込む基盤です。

安いものから高いものまで色々ありますが、大体15000円程度のものを選べば間違いはないです。

具体的には、「B660」や「B550」といったように、数字3桁の前に「B」と書かれたものがおすすめです!

ちなみに、マザーボードには「ATX」「MicroATX」「MiniITX」と、主に3つの大きさがあります。

後ろに行くほど小さくなる代わりに、拡張性が低くなります

自分がどんなパーツをつけるかを考えて、マザーボードの種類を選びましょう!

・ケース

ケースは高いものから安いものまで様々です。好きなものを選びましょう!

選ぶポイントは「サイズ」「サイドパネル」「冷却」の主に3つ。

サイズは、自分が選んだマザーボードと同じか、大きい規格に対応したケースを選びましょう!

例えば、「MicroATX」のマザーボードを選んだのなら、「MicroATX」か「ATX」に対応したケースを買いましょう。

サイドパネルは、「とにかくパソコンを光らせたい!」という人には重要です!

特に光るパーツを買った人は、サイドパネルが透明なケースを選ぶとキラキラをいつでも楽しめます(^o^)

冷却は、特に性能の高いCPUやグラフィックボードを使う人にとっては重要です。

ファンが少ないなどで空気の流れの悪いケースを選んでしまうと、パーツが十分に冷やされなくなってしまいます。

そうなるとパーツの本来の性能を発揮できなくなってしまうので、冷却は十分に気をつけましょう!

・電源

電源は、パソコン全体に安定した電気を送り、パソコンの動作を安定させるために重要です!

そのため、システムの最大消費電力の2倍の電源を選ぶようにしましょう。

「よくわからん!」という人は、ドスパラさんが公開している「電源容量計算機」を使ってみましょう(^o^)

これを使えば、自分が買うべき電源の容量がわかります!

ドスパラ「電源容量計算機(電源電卓)」

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_str_power_calculation_main

・グラフィックボード

グラフィックボードは、モニターに映像を表示させる働きをするパーツです。

特にゲームをする人は、このパーツは絶対につけるようにしましょう!

また、末尾に「F」がついているCPUを買った人も、このパーツは必須です。

グラフィックボードは、使うモニターや遊びたいゲームなどを考えながら選ぶ必要があります。

詳しくは、「おすすめパーツ紹介!!」にてお伝えします(^o^)

ちなみに今回は、このような構成にしています!

CPU:Ryzen7 3700X

メモリ:DDR4 32GB

ストレージ:256GB NVMe M.2 SSD / 2TB+1TB+1TB HDD

マザーボード:ASUS PRIME B550M-A(WI-FI)

ケース:Thermaltake Versa H17

電源:650W

グラフィックボード:NVIDIA GeForce RTX 3070

 

ステップ2:マザーボードにパーツを組み込もう

使うパーツが決まったら、次はマザーボードにパーツを組み込んでいきましょう!

 

①CPU取り付け

まずは、マザーボードにCPUを取り付けます。

CPUを取り付ける際は、取り付ける向きに気をつけましょう!

多くのCPUには、△のようなマークがついています。

それをマザーボードとCPUとで位置を合わせて取り付ければOKです!

↑○印内をみると、△があることがわかります。

 

CPUを取り付けた後は、CPUグリスを塗ってCPUファンを取り付けましょう!

CPUグリスは、写真のようにバツ印を書くように塗るといいです(^o^)

②メモリ取り付け

次は、メモリを取り付けていきます。

スロットのみぞとメモリのみぞを合わせるようにして差します。

この時、「カチッ」というまで強く差してください!

(ちょっと力が強いかな……?というくらいまで力を入れるとうまくいきます!)

ちなみに、スロットの一部だけを使う場合、特定の場所にメモリを差す必要があります。

「4つメモリを差すスロットがあるけど、2つしか使わない!」

といった場合は、マザーボードの取扱説明書を見て、差す場所を間違えないようにしましょう!

③SSD取り付け

SSDの中には、マザーボードに直付けする「M.2 SSD」というものがあります。

これを使う場合、このタイミングでマザーボードに差しておきましょう。

ちなみに、グラフィックボードもマザーボードに取り付けるパーツの1つですが、このタイミングでつけるのはオススメしません。

ケースの中には、グラフィックボードをつけた状態のマザーボードが入らないことがあります。

グラフィックボードを取り付けるのは、ケースにマザーボードを取り付けた後がおすすめです!

 

ステップ3:ケースにパーツを組み込んで配線しよう

マザーボードに必要なパーツの取り付けが終わったら、次はケースにパーツを取り付けましょう!

ただし、ケースにマザーボードを取り付ける前に忘れてはいけないことが1つあります!

それは、マザーボードに付属している「I/Oパネル」を取り付けることです。

これを忘れてしまうと、マザーボードの基盤がむき出しになった状態で使うことになってしまいます。

そうなると、ホコリが内部に入って最悪ショートの原因になってしまうので、忘れずにつけるようにしましょう!

(中には、I/Oパネルが一体型になっているマザーボードもあります)

I/Oパネルをつけたら、いよいよマザーボードをケースに取り付けます!

ケースにある穴とマザーボードにある穴を合わせて、ネジで止めます。

マザーボードの取り付けが終わったら、まだ取り付けていないパーツ類を取り付けていきましょう!

 

まずはグラフィックボードを取り付けます。

はじめに、PCIeスロットの側にある、ケースのカバーを外します。

次に、PCIeスロットにグラフィックボードを差し込みます。

最後に、ケースにネジ止めをすればOKです!

 

そして、HDDも取り付けます。

ケースの3.5インチドライブベイにHDDを取り付けます。

取り付け方はケースによって異なるので、取扱説明書を読みつつやっていきましょう!

ここまで来たら、いよいよ作業も終盤です。

電源などの配線を行います。

マザーボード、グラフィックボード、ケース、HDDなどにそれぞれ配線を行い、電気が通るようにします。

最後に、パソコンをコンセントに繋いで、モニターとパソコンをケーブルで繋ぎます。

この時、グラフィックボードを使っている人は、グラフィックボードにある端子と接続するようにしましょう!

間違えると、グラフィックボードの性能を100%発揮できなくなるだけでなく、最悪画面が映らない場合があります。

……これで、遂に自作パソコンの完成です!!

お疲れさまでした!!!!\(^o^)/

 

おすすめパーツ紹介!!困ったらこれを買え!

ここからは、ボスカルおすすめのパソコンパーツをご紹介します!

「何のパーツを使えばいいのか分からない……」

という方は、これを参考にしてみてください(^o^)

 

CPU:今は「Core iシリーズ第12世代」がオススメ!

まずは、パソコンの頭脳にあたる「CPU」のオススメをご紹介します!

パソコンに使われるCPUは主にIntelの「Core i」シリーズAMDの「Ryzen」シリーズの2種類があります。

しかし、今はその中でも発売時期(世代)の異なるCPUが併売されている状態です。

そこに気をつけて購入しないと、

「あれ、Core i7なのに思ったより性能がよくない……」

ということになってしまいます。

 

ボスカルのオススメは、Intelの「Core iシリーズ第12世代」!!

これには、型番が「Core i○ 12○○○」となっているものが該当します。

このCPUの特徴は、CPUの中に2種類のCPUが共存していることです!

第12世代CPUの上位機種には、一般的な処理を行い高い性能を発揮するPコアと、マルチコア処理などを行い消費電力に優れたEコアの2つが1つのCPUの中に共存しています。

そのため、第12世代CPUは、Ryzenシリーズや第11世代までのCoreシリーズと比べてかなり高い性能を持っています!

ちなみに、この機能は「Core i9シリーズ」「Core i7シリーズ」「Core i5 12600K」「Core i5 12600KF」にのみ搭載されているので、気になる人はこれらのCPUを選ぶようにしましょう!

(画像:パソコン工房「第12世代インテル® Core™ プロセッサー | 価格・性能・比較」より。)

 

グラフィックボード:モニターとゲームに合わせて選ぼう

続いて、ボスカルおすすめのグラフィックボードをオススメします!

グラフィックボードは、

・どのゲームを遊ぶか

・どの画質で遊ぶか

を考えながら選ぶ必要があります。

 

そのため、今回は

①軽いゲームorフルHDの普通のモニターでゲームを遊ぶ場合

②フルHDのゲーミングモニターでゲームを遊ぶ場合

③4Kモニターでゲームを遊ぶ場合

の3つに分けて、オススメのパーツをご紹介します!

(軽いゲームは、「フォートナイト」や「Apex Legends」などを想定しています)

 

①軽いゲームorフルHDの普通のモニターでゲームを遊ぶ場合

この条件であれば、比較的安価なグラフィックボードで十分に遊ぶことができます。

ボスカルのオススメは、「RTX3050」と「RTX2060」!

 

RTX3050」は、先月発売されたばかりの新作グラフィックボードです。

このグラフィックボードは、GTX1660Tiと同等性能なので、普通のフルHDのモニターでゲームをする際に最適です(^o^)

RTX2060」は、「RTX3050」よりもほんの少しだけ性能の高いグラフィックボードです。

このグラフィックボードの特徴は、ビデオメモリを6GBと12GBとで選べること!

動画編集をしたい人は、RTX2060の12GBモデルがオススメです!!

②フルHDのゲーミングモニターでゲームを遊ぶ場合

高フレームレートのゲーミングモニターの性能をフルに引き出すには、そこそこ性能のあるグラフィックボードを選ぶ必要があります。

(フレームレート:1秒間に表示する画像の枚数)

ボスカルのオススメは、「RTX3060」と「RTX3060Ti」!

 

RTX3060」は、ほぼ全てのゲームをフルHD画質で快適に遊ぶことができる性能を持っています!

また、ゲームの画質設定を工夫すれば、ゲーミングモニターの性能をフルに発揮することもできます(^o^)

「最高設定かつ高フレームレートで遊びたい!」という人は、「RTX3060Ti」を選びましょう!

 

③4Kモニターでゲームを遊ぶ場合

4Kモニターでゲームを遊ぶ場合は、かなり性能の高いグラフィックボードが必要です。

ボスカルのおすすめは、「RTX3070/RTX3070Ti」「RTX3080」!

 

RTX3070/RTX3070Ti」は、ほぼ全てのゲームを4K画質で快適に遊ぶことができる性能を持っています!

「4K最高設定で遊びたい!」という人は、「RTX3080」を選びましょう!

 

ストレージ:SSDならなんでもいいわけじゃない!?

パソコンのストレージには、HDDとSSDがあります。

基本的にはSSDを採用するべきなのですが、そのSSDにも

・SATA SSD

・NVMe M.2 SSD

の2つがあります!

 

SATA SSD」は、従来のHDDよりもちょっと小さい、2.5インチベイに収まる大きさのSSDです。

これは、SSDの中でも比較的安いという特徴があります!

なるべく安く抑えたい人は、こちらを選ぶといいでしょう!

NVMe M.2 SSD」は、SSDの中でも薄くて小さく、更に読み込みや書き込みの速度が速いのが特徴です。

特に読み込みや書き込みの速度は、「SATA SSD」の3倍~10倍もの速度が出ます!

しかし、これを使うには、マザーボード上にM.2 SSD用の端子がある必要があります。

ちなみに、「NVMe M.2 SSD」と全く同じ形をした「SATA M.2 SSD」というものもあります。

速度は「SATA SSD」と全く同じなので、間違えてこちらを買わないようにしましょう!

 

自作パソコンなんて高い……という人へ:中古ゲーミングPCのススメ

「ゲーミングPCがほしい、けど自作パソコンは高い……」

という人は、中古のゲーミングPCを探すのもオススメです!

 

先程ご紹介した

・ドスパラ名古屋・大須店

・パソコン工房 グッドウィル名古屋大須店

・TSUKUMO デジタル・モバイル館

さんでは、中古のゲーミングPCも取り扱っています!

 

中古のゲーミングPCを購入する際は、CPUとグラフィックボードに注意です!

CPUは、

・「Core i5」「Core i7」「Core i9」

・その後の4桁の千の位が「6」以上(理想は「8」以上)

のものを選びましょう!

グラフィックボードは、

・最低でも

「GTX1060」「GTX1660」

・理想は

「GTX1070(Ti)」「GTX1080(Ti)」「GTX1660Super」「GTX1660Ti」「RTX○○○○」

とあるものを選びましょう!

この程度のスペックがあれば、殆どのゲームをフルHDで快適に遊ぶことができます(^o^)

 

おわりに

今回は、大須で買った自作パソコンパーツを使って、実際に自作パソコンを作ってみました!

自作パソコンと聞くと難しいイメージがありますが、実際はプラモデルを作るより簡単なんです(^o^)

自分で作れるようになると、

「やっぱりCPUの性能が足りないな……」

「グラフィックボードをもうちょっといいのにしたいな……」

と思った時にサクッと変えられるようになるのでおすすめです!

この記事を参考にして、自作パソコンを作ってみてください!(^o^)

 

[アクセス]

・ドスパラ 名古屋・大須店

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-19-15 サードウェーブ大須ビル

営業時間:11:30~20:00

TEL:052-243-0391

https://www.dospara.co.jp/5info/cts_shop-nagoya-osu

 

・パソコン工房 グッドウィル名古屋大須店

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3丁目10-35 MultinaBox 1F

営業時間:11:00~20:00

TEL:052-249-9888

https://www.pc-koubou.jp/shopinfo/map/nagoyaoosu.php

 

・TSUKUMO デジタル・モバイル館

〒460-0011 愛知県名古屋市中区大須3-30-86 第一アメ横ビル内1,2,3階

営業時間:10:00~20:00

TEL:052-263-1655

https://tenpo.tsukumo.co.jp/stores/view/nagoya

 

この記事を書いた人

ボスカル

ボスカル

南山大学 人文学部

名古屋生まれ名古屋育ちの大学生。日本文学と動画と能楽を学んでいます。生粋の名古屋人ならではの情報を発信していきます!